スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
7/20鶴見川釣行 葦穂橋でパンプカ
以前、高校の友達から
「葦穂橋に鯉がたくさんいる」
と聞き、どれだけいるか確かめるべく、下見釣りに行って来ましたε=ε=ε=ε=ε=ε=o(`ω´ )o

葦穂橋は以前紹介した通り、鶴見川河口からちょうど2kmのところにある橋です。

この日の潮



4:50

鶴見川の葦穂橋に到着、鶴見駅側の岸に降りて川を観察します。


水面のゴミを漁っている鯉は確認出来ませんが、
岸沿いに60cmくらいの鯉が底を食んでいたり、岸に口をつけて何かを食べていたりしました(・・?)

とりあえず鯉が逃げないようにそっと川に近付き、パンを撒いてみると、

20mくらい下流で鯉がパンを食べ始めました

ハリスを直接道糸に結び、パンを付けて流し込んでみると…

流し込んで10秒くらいで仕掛けが水中に引きずり込まれ∑(゚Д゚)

あわせるととてつも無い引きで竿が絞り込まれます(゚o゚;;

途中、100mくらい糸が引き出されたりしながらも、なんとかランディング成功^ ^


一匹目66cmくらいですね( ̄^ ̄)ゞ
このサイズにしてはよく引きました。

この後も同じポイントで順調にヒットして行きます。

二匹目75cmくらい

三匹目65cmくらい


四匹目日が上った頃にヒットした82cm



6:40

ここら辺で、塩の流れが大分緩やかになり、パンがなかなか上手く流れなくなってきました

そこで、パンを撒いて足下に鯉が集まるのを待つ事に…

7:00

鯉が集まってきたので、釣り再開

パンを付けて流し込んでみるとすぐにヒット

五匹目60cmくらいでした。これも良く引きましたね~

最後に六匹目

測ったら80cmちょうどだったと思いますが、スケールを当てると同時に跳ねて川に帰って行きました( ^_^)/~~~

7:30

これでこの日の釣りは終了。
川全体から

こんな感じのメタンガスの気泡が吹き出していました。

この匂いは強烈ですね…帰宅すると同時に家で異臭騒ぎがおきました(苦笑)

でもまぁ二時間半で鯉六匹というのは、下見釣りには充分過ぎる釣果V(^_^)V

川底までは鶴見川にしては比較的浅く、ブッコミ釣りで普通に鯉を狙えそうです

以上、葦穂橋下見釣りでした。
スポンサーサイト
[2013/07/20 09:13] | 釣り | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
7/12 鶴見川 ハゼ釣り
7/12は学校が午前授業だったので

高校の友達も釣りをしていたので、鶴見川へ小物釣りに行ってきました


15:30
鶴見川河口からちょうど2kmにある葦穂橋に到着


友達はルアーを投げていました。

私はその隣に入り、ハゼ釣りをして見ることに。

餌はミミズ、針は小さな袖針です。

足元には無数の掛かりが在るとの事なので、とりあえず10m程投げます。

10分くらいしてもアタリがなかったので、仕掛けを回収したら



どうりでアタリが伝わらない訳です

この後も、仕掛けを回収する度にこのサイズのが付いてきました(笑)

投げると小さいのしか来ないので、根掛かり覚悟で足元に仕掛けを落としてみました

すると、落としたとたんに仕掛けがひったくられ
あわせて揚げてみると・・・



この日の最大サイズです
7cmくらいでした^_^

17:00
この日はハゼを4匹釣って終了。

鶴見川は多摩川に比べて水温が高く、真夏は魚がばててそう・・・

真夏の多摩川も美しいものです
次は多摩川に行こうかなd( ̄  ̄)
[2013/07/17 08:01] | 釣り | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
期末試験明け多摩川釣行
期末試験が終わりました。

気がついたらもう七月で、今日はなんと七夕なんですね~。

せっかくの土日なので、
今日は釣りに行く事にしました(^ω^)


とりあえずエサ作りから、

麸、押麦、古い米をそれぞれ炒り、
4:1:1で混ぜます。
そこへ、この混ぜた物と同じ量の「三浦黒鯛」を混ぜ、
蒸かしたサツマイモで練って完成です。
これを団子にして寄せエサにします。


6:00
着いたのは多摩川大橋・川崎側。
今日の潮はこんな感じです。


朝から蒸し暑い(´Д` )
強い風が吹いている事が唯一の救いでした

とりあえず木陰を探し、竿をセットします。


ここは多摩川大橋から100m程下った草むらの中で、

岸から3m沖に小さな波消しブロックが横一列に壁を作っていますが、
波消しブロックの外は浅く、干潮時には波消しブロックから5m沖までが干潟になるようになっています。
波消しブロック沿いの底には鯉の食み跡が幾つか見られたので、
ポイントは岸から3~5mくらいだと思います。


7:00
一本目の竿は目は団子を包んだ袋仕掛けに干し芋を付けたヘアリグ、下流へ10m、岸から30mに投げ込みます。

二本目の竿は袋仕掛けに団子、ヘアリグには自作ポップアップボイリー(砂糖味)を真っ直ぐ沖に向かって20m投げます。

三本目も袋仕掛けに団子、ヘアリグにはミリンに漬けたコーンで、これを足元の波消しブロックの沖1mくらいに落とします。


×は一本目、
×は二本目、
×は三本目です。

潮は下がって行きます。

8:30

投入から一時間、三本目の竿にヒットしました∑(゚Д゚)

よく引く鯉で、五分くらいのやり取りの後……

70cmくらいです。



サイズはともかく、綺麗な鯉でした
(^ ^)

この後は暑くて釣りにならず(´Д` )
エサ替えもろくにしてませんでした。

お昼頃に潮が止まり…
次に塩が動き出したのは14:00頃でした。

14:25

すべての竿を打ち返し、竿立てにセットすると、
三本目の竿が、ガタガタ震え出しました( ? _ ? )

よくみると、何か魚が掛かっている様子…

あげて見ると30cmくらいのヘラブナでした


ヘアリグをガッチリ咥えてましたσ(^_^;) これくらいのが延べ竿に掛かったら面白いでしょうね。

今回はこれで終了。
次は日陰がある場所に行こうと思います(^^;;
[2013/07/07 03:15] | 釣り | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。