スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
2016年 2月11日 矢上川釣行
記事の投稿はだいぶ遅れちゃったけど


やっと釣ったよ~今年の初鯉



釣りに行ったのは2月11日、建国記念の日の午後



鶴見川でパンプカしようと

・飛ばしウキ

・食パン

を持って自転車でウロウロ



目星をつけたのは矢上川と渋川の合流地点




一年中パンで釣れるポイントだから期待大



鯉の群れは何処にでも見つかるけれど

矢上川の鯉は警戒心がとても強く、

1匹釣られると群れは跡形もなく散ってしまう。

同じ所で釣りを続けるのではなくポイントを変え続ける必要があるんだな。

今回は上流にポイントを移り続ける計画


鯉が流れてくるパンを食べ始めるまでパンを撒き、パンプカスタート





………パク!!

一投目でヒット!!!

きつい流れの矢上川を上流に登っていく鯉

>* ))))><=3=3=3


散々暴れまわって疲れたのか、ネットインはすんなりと



あけましておめでとう!今年の初鯉くん!!!

サイズは60㎝無いくらい


予想通り他の鯉は居なくなったから50mくらい上流に移動



そこでもパンを撒き、食べ始めるまで待つ

途中、道路から見ててくれた釣り師のおじさんから食パンの差し入れをもらったり

のど飴の差し入れをもらったり


そんなこんなで

1匹目を釣ってから1時間くらいしてやっと食い気のある鯉を発見


コマセのパンと仕掛けを流して鯉の居る方に誘導開始


はじめにコマセが食われてゆき……飛ばしウキが引き込まれた


2匹目ヒット!!!



下流に下流に逃げてくのを制止しながら…なんとかネットイン!!!



サイズは65㎝くらい。



パンプカは常に釣り方を変えられることが魅力

気になるポイントを積極的に攻めて数もサイズもUP出来れば最高だよね

初鯉もお目にかかれたし、今年も鯉釣りよろしくお願いしますよ~
スポンサーサイト
[2016/02/27 17:06] | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
2014年沖縄修学旅行で…
ええーっと……

前回の釣行記は2014年9月矢上川小物釣りだったなあ

このとき僕は高校2年だから、

10月には修学旅行に行ったんだ


修学旅行先は沖縄


いいじゃん沖縄

ザ・南国って感じの島、行きたかったんだよなあ



まあもちろん。
クラスごとのスケジュールもあり、グループごとのスケジュールもあるから個人自由行動は出来ないんだろうけどね。



でも学校が借りるホテルは砂浜に面し
しかも旅行3日目だけ、その夜の1時間だけホテル前の砂浜に限り自由時間があった


やったぜ


修学旅行前にそのホテルに電話して砂浜で釣りができることを確認。


キャリーバッグにコンパクトロッドとリール、仕掛けを突っ込み、

いざ沖縄へ







富士山だ!







自由時間がある日までは沖縄学習や沖縄観光を楽しみます


うーんやっぱ期待通りの南国だな



そしてついに~旅行3日目~


自由時間は夕食後、
夕食に出たイカの足をエサのために少しキープ


同級生も砂浜に繰り出す中、僕は波打ち際に……


タナゴ鈎より一回り大きいくらいの袖鈎に5㎜角くらいに切ったイカを刺し
3号の錘をつけた小さな天秤に着ける

160㎝の竿でとりあえず20mくらい投げる




でも制限時間は1時間

時間帯は夜

何もない砂浜

エサは夕食に出たイカ

短い竿と軽い錘



慣れない砂浜での釣りに不安しか湧かない

これで釣れたら奇跡だな~なんて見に来てくれた友達と駄弁りながら

真っ暗な海を眺めてアタリを待つ


すると釣り開始から30分後…
15メートルくらい投げて待ってると突然竿先が跳ね上がる

「んんんんん????????なにごと?」


ゆっくりリールを巻いてみると確かに魚信が!!!?


バラさないようにゆっくり合わせ、

バラさないようにゆっくり巻いてくると…






釣れたー!!!


↑手に持つとこれくらいの大きさ


いや~うれしいなあ

でも魚の名前はなんだかわからない
もし知ってる人いたら誰か教えてー



釣りはここで終了

これが修学旅行一番の思い出になったね


まさか釣れるとは思わなかったから

ビギナーズラックとは言え嬉しさ倍増(笑)


まあ経験がないからといって諦めたらいかんと…
そんな風に思った


後日の修学旅行は民泊が2日間…

ぼくのいるグループは幸運にもある町の政治家の家に泊まらせていただくことに!!!


面白かったなあ~



それから民泊が終わり、修学旅行が終わり、神奈川へ帰宅



沖縄

独特の環境と文化

いいところです


また行きたいなあ~




[2016/02/04 14:09] | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
お久しぶりです!!!(受験明けのカズホ)
釣りを愛して止まない皆さん!


お久しぶりですカズホです


前回の記事が2014年なので2年ぶりになるでしょうか、
その後は受験勉強してたので更新も何もしてませんでしたね
これは日記なので少しくらい書いててもよかったのですが…


まあ何はともあれ春から高校を卒業し、進路先でがんばろーと思います!!!



~昨年の振り返りと報告~

先ず、進路は9月末に推薦で決まりました。


高校から指定校推薦で、大学の面接を受けて合格を待つだけ。と言う、入試だけなら楽ちんな受験方法です。


でも個人的には高校で好成績を維持し続ける事と面接が大変でしたね


中学とは違い、高校では定期試験の結果が悪いと

「大学入試に成績関係無いし」

と友達と言い訳し合うことはよくありました(悪い子)


それでも好成績を残そうと努力する同級生は沢山いたし、

何より3年間、恵まれた学習環境で勉強させてもらった事が今の結果に繋がったと思っています


~変わったこと~

さて、受験の前と後とで変わった事はと言えば…

学校の図書室でを読むようになったこと、ですかね


受験勉強中は、何故か今までした事のなかった事が無性にしたくなるもの…

ぼくは今まで全く本を読まない人間で、読んでも1年に1冊……

典型的な「本読まない 国語できない 語彙力皆無マン」ですね今も大して変わってないと思いますが


今までも散々「本読め」「漫画読め」「新聞読め」と言われてきました。

本を読まないと「言葉が足りない」「読解力が足りない」「スマホやPCばかりでは目を悪くする」「ネットでは知識がつくかもしれんが知恵はつかない」とはよく聞きます。

それでもどーも読むに気になれず…

ぼくの口癖は「ウィキペディアで見たぜ」です

どーしてでしょうか

スマホのせい


だってTwitter眺めてれば誰よりも早く情報が目に入ってくるし、

ネット上の情報は信ぴょう性に欠けると言われても、
ロイターやナショジオ、日本・海外の有名新聞社までもがTwitterでニュース記事を提供してくれる。

科学、社会、様々な情報をスマホが与えてくれる。

もともと興味がある分野をスマホでピンポイントで調べられる。


「本とか新聞とか読まないかんのか?」


…………うーん…

無知にスマホを与えると怖いですね(笑)

とにかく本と新聞を読んでみる事に
理由は「なんとなく格好はつきそうだから」

初めは岩波ブックレットを手当たり次第読みました

1冊100ページもしないこの小冊子、内容は社会問題のレポートです。

教育・育児・経済・文化・政治…
1冊1日で読めるこの達成感が嬉しく、続ける事ができました
とりあえずは読書デビューは成功(?)


十数冊程岩波ブックレットを読んだところで、
「ノンフィクション小説を読みたい」と思い


『敵対水域』東西冷戦時にアメリカ近海で起きたソ連原潜沈没事故ドキュメンタリー

『アメリカ、ロシア、中国、イスラム圏を知ればこの世界が手に取るようにわかる』

『赤い雪』連合赤軍兵士のドキュメンタリー

『連合赤軍「あさま山荘」事件』

『パレスチナ』


と、まあ政治系事件のノンフィクションが気に入ってます


あ、でも
「夏目漱石や森鴎外、島崎藤村を読め

て言われてるんだよなあ


大学から課題図書もでてるし、
しばらくは好きなものばっか読むわけにはいかなくなりました

まあこれから本を読む機会はいくらでもあるし、年1冊から月に2~3冊本を読むようになっただけでも大きな充実感を味わえてます



当ブログも、これから趣味の日記として更新していくつもりです


これからもよろしくお願いします

[2016/02/03 14:17] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
矢上川 小物釣り
前回の矢上川パンプカ釣行の翌日、

あの小魚が気になり、また行ってきました

8:00
ポイントは浅田川と矢上川合流点、


小さい袖バリにイソメを付けて投げてみると

あの銀色の小魚達は反応しません(^^;;

アタリがあったので合わせてみると…



小さなヌマチチブ君でした

エサをパンに変えてみると、

さっきまでの無反応が嘘みたい、
一気に飛び付いてきます

銀色の魚がヒット


粘り強いファイトを見せたのは少し大き目のウグイでした


1匹釣り上がるとウグイ達はスレてしまい、
このあと同サイズのウグイを追加して朝9時には終了。

しかしあの複雑な地形の合流点にはもっと色々な魚が潜んでいそう…

なかなか気になるポイントです
[2014/09/21 11:18] | 釣り | トラックバック(0) | コメント(1) | page top
矢上川釣行
みなさんお久しぶりです

学校では文化祭が終わり、

来月の初めには修学旅行に行きます


私は生物部の部長をしているので、

文化祭で展示する生き物の世話やレポート作りに忙しかったですね


文化祭の振替で、
平日に休みができたので、
矢上川に午後だけ釣りに行きました

狙いは鯉
1ヶ月振りの川釣りです笑
矢上川で釣りをするのは実に1年振り、


最初に入ったのは矢上橋下流の水量計前


鯉と亀が水面を泳いでいます
とりあえずパンを撒いてみると反応するのでパンプカ開始


↑桜の木の枝を中通しの飛ばしウキにし、木製コ式を自作。
今日はこれで釣ることに。

食い気があった鯉たち、
しかし仕掛けを投げるとすぐに水中に潜ってしまいました。
水面では亀が呑気に残ったパンをついばみます

すぐには釣れなそうなので、少しポイントを離れ、下流のほうを探索してみると、
一本橋の真下でスッポンを目撃

80cmはありそうな大きな鯉も見つけ、やる気が出てきました

そこから川を遡り、浅田川と矢上川の合流点でパンプカ


矢上橋より上流は川幅が狭く、


こんな感じの小滝がいくらかあります。

パンを撒くと銀色の小さな魚がついばんでくる…

パンが1分と持ちませんww

合流点の下流で鯉がヒット
小滝を登ってどんどん上流に向かっていきます
下流側に引いてもお構いなしです
このパワフルな鯉を走らせること5分…
やっと疲れて来たのか、口を水面に出したのでネットイン


60cmくらいの鯉

リリース後、また最初に立ち寄った水量計前に行き、パンプカ開始。

パンに噛み付いてくるカメに苦戦しながらもなんとか一匹


こっちの鯉は全く引きませんでした

リリースしたら17時のチャイムが鳴り撤収


浅田川合流点に沢山いた銀色の小さな魚
、なんだったのだろう…

[2014/09/19 20:41] | 釣り | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。